本文へジャンプ

Pikara by STNet

IPv6でのインターネット接続

IPとは?

IPとは?

IP(Internet Protocol)はインターネット上でデータ伝送を行うためのプロトコル(通信方法の技術的なルール)として利用され、このIPによって結ばれたネットワークがインターネットだといえます。現在のインターネットを支えるのはIPネットワークであり、IPネットワーク上で個々の通信対象を識別するための番号が、IPアドレスです。
IPアドレスはインターネット上では、荷物を届けるために必要な『住所』を示し、パソコンやスマートフォンでインターネットを見たり、メールを受信するためにサーバーと通信を行うために必要なものです。

IPv6サービスのイメージ

IPv4アドレスの枯渇問題

現在、インターネット接続サービスで利用されているIPv4(Internet Protocol Version 4)アドレスは、近年の世界中におけるブロードバンドによるインターネット接続ユーザーの増加・拡大に伴い、これまでのペースを上回る速度で消費されるようになっています。

IPv4アドレスの枯渇問題

IPv6アドレスへの対応

IPv4は、約43億個のアドレスがあります。それに対して、IPv6( Internet Protocol Version 6 )は、約340澗(かん)個(340兆×1兆倍×1兆倍)という途方もない数のアドレスがあります。実質的に、 IPv6アドレスは無限といっても過言ではありません。
通信業界としては、このIPv4アドレスの消費拡大によるIPv4アドレスの枯渇問題への恒久的な対策として、IPv4アドレスの40億倍以上のアドレス空間を持つIPv6アドレスへの対応が不可欠となってきています。

IPv4アドレスとIPv6アドレスの個数比較

  • お客さまサポート
  • Myピカラログイン
  • ピカラWebメール
  • インターネット詐欺対策
Official SNS
LINE@
Facebook
Twitter