本文へジャンプ

Pikara by STNet

光ねっと

ピカラでは2019年5月30日以降、大切なお客さまを詐欺サイトの被害から守るために、
「お客さまにお届けするメールの本文には、MyピカラWebメールログイン画面を表示のための、“URL”や“リンクボタン”は記載しておりませんのでくれぐれもご注意ください。」

詐欺メール

昨今、世界中で大手企業のログイン画面などが本物そっくりに模造され、その偽物サイトからログインしたユーザーが、個人情報などを搾取されるという被害が拡大しています。
ピカラの会員さま専用サイトMyピカラも、既に複数回模造されております。
その模造されたサイトは、URLを巧妙に偽装したり隠したりして、メールを介してお客さまに送りつけられますが、まず偽物のメールか、本物のメールかどうかが分かりにくいです。

想定される被害

MyピカラWebメールのようにログインを要するサイトが偽物だった場合、一次被害としてIDメールアドレスパスワードが搾取されます。
その情報を用いて、本物のサイトにログインされ、住所クレジットカード情報などの重要な個人情報が搾取されることになります。
さらには、そうしたIDメールアドレスパスワードを銀行のオンラインバンクなどで使いまわしている場合、甚大な被害に遭う恐れもあるのです。

ピカラの具体的な対策

今後、ピカラは会員さまへのメール内で、MyピカラWebメールログイン画面を、ピカラお客さまサポート https://support.pikara.jp/ 経由で次のようにご案内します。

ログインページ自体のご案内

例:Myピカラログインページの場合

Myピカラログインページへは、下記「ピカラお客さまサポートhttps://support.pikara.jp/ へアクセスし、【Myピカラ ログイン>】ボタンよりアクセスしてください。
※パソコンの方は右上
※タブレットやスマートフォンの方は下部左


お客さまサポートサイトの各種ページ経由でのご案内

例:ご利用料金の確認の場合

ご利用料金の確認は、下記へアクセスしてください。
ピカラお客さまサポート・ご利用料金の確認
https://support.pikara.jp/service/check.html

これらの対策を行った結果が、冒頭の宣言となっており、今後は受信したメール内のURL・リンク・ボタンクリックなどした結果、MyピカラWebメールログイン画面が直接表示された場合は「詐欺である可能性が高い」と言えます。

ピカラは、大切なお客さまを、詐欺の被害から守るため、このような対策を行いましたが、「ピカラお客さまサポートhttps://support.pikara.jp/ 自体の偽物が作られて案内されることも考えられます。
お客さまにおかれましては、メールが怪しいと感じた際には、メールに記載されているURLにアクセスせず、検索サイトなどで、「ピカラお客さまサポート」と検索していただくことも有効的です。

お客さまの端末で詐欺サイトをブロック

それでもうっかりアクセスしてしまう場合に備え、ピカラでは詐欺に特化したセキュリティーソフト「詐欺ウォール(無料で3台分)」のご提供も開始しています。
これまで提供してきた「カスペルスキー」と合わせてご利用いただくことで、セキュリティーがさらに強化されます。
特徴としては、「カスペルスキー」がパソコンをウイルスなどからブロックするのに対し、「詐欺ウォール」は詐欺サイトを表示する前にブロックします。
詐欺ウォールの詳細やお申し込みについては、こちらをご覧ください。

詐欺メールの受信自体を回避

前項までは、詐欺メールを受信してからの対策についてですが、そもそもの問題である、詐欺メールなどの迷惑メールの受信を回避するには、「迷惑メールおまかせ振分け」が有効的です。
※「迷惑メールおまかせ振分け」は有料サービスです。
※迷惑メール受信の完全回避をお約束するものではありません。
※ピカラとしての迷惑メールの捉え方はこちらをご覧ください。
※迷惑メール対策についてくわしくはこちらをご覧ください。

暗号化通信

インターネットの利用には、詐欺の被害とは別に、通信を傍受される危険も伴います。
そのためピカラでは、お客さまの端末とピカラのサーバー間のやりとりを、全て暗号化しています。
その暗号化通信の仕組みをSSLと言い、サイトにおいてSSL通信が適切に行われているかの証明を、サーバー証明書で確認できます。
お客さま専用サイトMyピカラの場合、下記画像赤枠内をクリックすると、SSLサーバー証明書を確認できます。